赤ちゃん対策一覧

赤ちゃんの転倒はフローリングだとより心配になってしまうから

赤ちゃんが転倒してしまうことは多いですが、フローリングだと硬いので頭を打ってしまったりするとよけいに心配になってしまいます。赤ちゃんがフローリングで転倒してしまってもジョイントマットを敷くとクッション性があるので多少安心材料となります。

赤ちゃんのためのおしゃれな部屋作りのポイントは床にあり!

赤ちゃんのためのおしゃれな部屋作りにはどんな敷物を使うかが要になります。単におしゃれな見た目にばかりこだわるわけにはいかず、安全性や機能性の高さも妥協できなかったりします。赤ちゃんのための部屋作りに適しているのはずばりジョイントマットです。

赤ちゃんに安全なコルクマットを選ぶポイント4つ

赤ちゃんにも安全性の高いコルクマットの選ぼうという時、単に「赤ちゃんにも安全」とあるものを選んでおけばいいわけではありません。コルクマットを使用する環境も状況も家庭によって違うからです。赤ちゃんに対する安全性を見極めるポイントを説明します。

赤ちゃんのはいはいを促すためにまず部屋作りから始めてみる

赤ちゃんがはいはいをするようになったら安全面などを考えいよいよ部屋作りを開始しようという方も多いです。しかし、そうではなく逆にまず赤ちゃんのための部屋作りありきで考えてはいはいを促すことをおすすめしています。その方がメリットが大きいからです。

コルクマットを赤ちゃんに使うにはやっぱり日本製がいい?

赤ちゃんにも安心なコルクマットをと思うとやはり日本製が魅力です。日本製は世界でも品質の高さが知られており日本製を選んでさえいれば安心なようにも思います。が果たして本当にそうでしょうか?本質的に安心なコルクマットの見極めについて説明しています。

STOP底冷え!床暖房なしで赤ちゃんが遊べる部屋にする

底冷えは嫌ですが、赤ちゃんのことを考えると床暖房を使いすぎるのも不安に思ったりします。赤ちゃんの健やかな成長を考える時、底冷えも赤ちゃんに悪影響になりかねませんが、床暖房もそうなりかねないのです。ジョイントマットで段階的に控えていきませんか?

赤ちゃんにタイルカーペットを選ぶポイントと他の選択肢

赤ちゃん対策にタイルカーペットが大変便利ですが、タイルカーペットのどんなポイントを1番重視しますか?他の選択肢としてのジョイントマットと比較し明らかにしていきます。タイルカーペットやジョイントマットで赤ちゃんの健やかな成長をサポートしましょう。

赤ちゃんのつかまり立ちをジョイントマットで応援する!

赤ちゃんのつかまり立ちをなんとか応援したいなという親心が発揮できるのが実はジョイントマットだったりします。つかまり立ちを促しそれに伴う転倒対策としてもちょうどいいからです。つかまり立ち以前にもそれ以降にも赤ちゃんの成長を応援できるグッズです。

赤ちゃんの転倒対策にラグで十分?ジョイントマットという選択も

赤ちゃんの転倒対策にラグを探している方も多いですが、本当に今検討されているラグで十分でしょうか?赤ちゃんのためを考えると転倒対策はもちろんそれ以外にも注意したいところがあったりします。ラグだけではなくジョイントマットも選択肢に入れてみては?

赤ちゃんのための部屋作りこそ狭いアパートで~ワンオペ育児は特に~

赤ちゃんのための部屋作りは狭いアパートが意外に便利です。ワンオペ育児ならなおさらです。赤ちゃんが生まれるとアパートから大きな家に引っ越して、そこで一から部屋作りを考えようとされる方も多いですが、「狭いアパート=不便」というわけでもありません。