気になる注意点一覧

コルクマットは薄いのが多いけど何か困ることがあるのか?

コルクマットが薄いような気がして何か困ることがあるのではと心配になったりします。確かにコルクマットは薄いというか1㎝前後の厚さのものがほとんどで、むしろ薄いより厚いコルクマットの方が困る場合もあったりします。実際的なことから詳しく説明します。

注意!コルクマットの「日本製」や「国産」をつい誤解しがち!

コルクマットを選ぶ時、国産や日本製のものを探されることが多いです。日本のものは品質が安定していることが多く世界でも支持されたりします。しかし、国産や日本製というのは曖昧な表現で、思われているようなコルクマットとは少し違う可能性があるのです。

ジョイントマットの固定に接着剤などを使うのはおすすめできない

ジョイントマットを接着剤などを使って固定すると様々な弊害が現れたりします。そもそもがジョイントマットははがせないように固定する使い方が向かない敷物でもあります。はがしにくくなることで起こり得る不便と、接着剤を使わない固定方法を説明しています。

使えるコルクマットは選び方一つで決まる!まずここをチェックして

コルクマットの選び方の中でもしっかりと使えるものを選ばないと不便にすら感じてしまいます。選び方のポイントは何を一番優先するかです。ナチュラル感の高いものがいいとか防音効果が高いものじゃないと困るとか、要望からコルクマットの選び方を導きます。

コルクマットを例えば6畳の部屋に敷き詰めるとしたら

コルクマットを例えば6畳の部屋に敷く時、具体的にどういった視点が必要で、どうすればうまく無駄なく敷けるのかということを網羅しました。わかりやすく6畳に的を絞りましたが、6畳ではなくても応用して活かしていただけるコルクマットの情報ばかりです。

コルクマットの注意点8つ~買う前に要チェック!~

コルクマットに注意点8つをぜひ購入前に知っていただきたい!意外と盲点となる注意点ばかりです。事前にそれらを知ることでさらに対策を取れますし、選択肢も狭まり必要なものをみつけやすくもなります。注意点を制しあなたにピッタリなコルクマットを。

「厚手」でしくじる前に!ジョイントマットは薄いのも便利

ジョイントマットで「厚手」を買って後悔する前にぜひ読んでいただきたい!もしかしたらあなたの場合は薄い方が良いかも。厚手だと色々な効果は高いですが薄いからとゼロではないです。厚手も薄いのでも適材適所。あなたにちょうどいいジョイントマットは?