maiko一覧

コルクマットを売ってる場所とそこでの商品の傾向を網羅してみた

コルクマットを売ってる場所がわからないという声を意外に多く聞きます。普段コルクマットのことを気にかけることがなかったならそういうこともあるでしょう。売ってる場所はけっこうたくさんありますが、売ってる場所によるコルクマットの傾向があったりします。

赤ちゃんの転倒はフローリングだとより心配になってしまうから

赤ちゃんが転倒してしまうことは多いですが、フローリングだと硬いので頭を打ってしまったりするとよけいに心配になってしまいます。赤ちゃんがフローリングで転倒してしまってもジョイントマットを敷くとクッション性があるので多少安心材料となります。

コルクマットは薄いのが多いけど何か困ることがあるのか?

コルクマットが薄いような気がして何か困ることがあるのではと心配になったりします。確かにコルクマットは薄いというか1㎝前後の厚さのものがほとんどで、むしろ薄いより厚いコルクマットの方が困る場合もあったりします。実際的なことから詳しく説明します。

赤ちゃんのためのおしゃれな部屋作りのポイントは床にあり!

赤ちゃんのためのおしゃれな部屋作りにはどんな敷物を使うかが要になります。単におしゃれな見た目にばかりこだわるわけにはいかず、安全性や機能性の高さも妥協できなかったりします。赤ちゃんのための部屋作りに適しているのはずばりジョイントマットです。

赤ちゃんに安全なコルクマットを選ぶポイント4つ

赤ちゃんにも安全性の高いコルクマットの選ぼうという時、単に「赤ちゃんにも安全」とあるものを選んでおけばいいわけではありません。コルクマットを使用する環境も状況も家庭によって違うからです。赤ちゃんに対する安全性を見極めるポイントを説明します。

赤ちゃんのはいはいを促すためにまず部屋作りから始めてみる

赤ちゃんがはいはいをするようになったら安全面などを考えいよいよ部屋作りを開始しようという方も多いです。しかし、そうではなく逆にまず赤ちゃんのための部屋作りありきで考えてはいはいを促すことをおすすめしています。その方がメリットが大きいからです。

コルクマットを赤ちゃんに使うにはやっぱり日本製がいい?

赤ちゃんにも安心なコルクマットをと思うとやはり日本製が魅力です。日本製は世界でも品質の高さが知られており日本製を選んでさえいれば安心なようにも思います。が果たして本当にそうでしょうか?本質的に安心なコルクマットの見極めについて説明しています。

キャンプの底冷え対策に家用のジョイントマットが意外に使える!

キャンプでの底冷え対策は色々ありますが、ジョイントマットを持っていくと底冷え対策以外にも大変便利に使えるので、今回は特におすすめしたいなと思いました。家用のものでも十分なので、お手持ちなら買う必要もないでしょう。キャンプの底冷え対策をお手軽に。