ジョイントマットは白の木目調が手堅い!オシャレ見え必至

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジョイントマットを考えるのはやはり小さい子供対策が多いでしょう。

子供の歩き始めは特にしょっちゅう転んでしまい、しかも頭をまともにゴツンと打ち付けることが多いので、「こりゃだめだ!」と設置を急がれている方もいらっしゃるでしょう。

子供はおもちゃなんかもポイッと落としたりして、床の傷も心配だったりします。

ジョイントマットは敷きたいのですが、よく売ってるような子供用のカラフルなものにはどうしても抵抗があったりします。

カワイイと言えばカワイイのですが、そこじゃないんですよね。

できたらお気に入りの部屋の雰囲気を壊さないようなオシャレなものが欲しかったりするのです。

そんな時、見つけたのが白の木目調のジョイントマットでした。

今回はおすすめのものからその魅力や注意点をご紹介していきます。

おすすめはズバリこれ!

極厚ジョイントマット 2cm 木目調 大判 【やさしいジョイントマット ナチュラル 極厚 12枚入 本体 ラージサイズ(60cm×60cm) ホワイトウッド(白 木目調)】床暖房対応 赤ちゃんマット【卸直送品】

ちょっとこの画像からはイメージしにくいかもしれませんが、まず最初に基本情報として、このジョイントマット自体の良さについて説明していきます。

カラーは白の木目のホワイトウッドの他にも、ナチュラルウッド、ダークウッド、さらに畳調のものまで選べます。

厚さは同じタイプで10㎜のものもありますが、今回例に出したのは20㎜の極厚で、防音、断熱、防寒の機能を十分果たします。

素材はビーチサンダルなどにもよく使われるEVA樹脂で完全防水ですし、汚れも簡単にふき取ることができます。

さらに環境ホルモンを含まない安全素材で子供に安心です。

また、燃やしてもダイオキシンが発生しないので、いらなくなってしまっても比較的処分しやすいです。

次にいよいよ中でも、白の木目調のホワイトウッド柄がなぜ特にオシャレな部屋におすすめなのかを説明していこうと思います。

白の木目調のジョイントマットの魅力

なんといってもその魅力は木目調のカラーの中でも「白」であるところが大きいです。

白は木目調の他の色では得られない魅力が多いのです。

「白の木目調」は部屋になじみやすい

白は住宅で最も取り入れられることの多い色ではないでしょうか。

大きく白系とすると、室内の壁紙にも多く使われています。

壁紙が使われる洋室の他にも、漆喰の和室にも使われます。

住宅のポイントポイントで使われているので、白のジョイントマットも部屋の一部としてすんなりなじみやすいのです。

床の色と「同じ」だけじゃなく「合う」ジョイントマットがオシャレ

白の床に白の木目調のジョイントマットと同じ色を合わせてもとても合うでしょう。

しかし、ただ同じ色を合わすというだけではなく、床や部屋のカラーや雰囲気に合う色という風に考えると、

あえて濃いブラウンのものを敷く方がオシャレな場合もあります。

また、木目の綺麗な天然木のフローリング床や、無垢材にオイルを塗ったようなヴィンテージ感のある床でも、白の木目調のジョイントマットはポイントとして相性が良かったりします。

ネット通販では白木目柄の方がガッカリが少ない

逆に、白の木目調以外のカラーのジョイントマットをどんな部屋にも合わせるのは、意外と難しかったりするのです。

例えば今回おすすめしたものにもナチュラルウッド調、ダークウッド調、畳調とありました。

特に木目のブラウンやベージュという色は、なかなか文字では限定できないような幅があります。

ですので、例えばネット通販で自分の部屋のフローリングと同じ色や合う色を探そうと思っても実際は大変難しいです。

色味の細かい違いをパソコン上の画像で判断するのはとても難しいからです。

白でもよく見ると違いがあったりします。

でも、他の木目の色よりもずっと限定された幅の狭い色になり、ネット通販でも失敗が少ないかなと思います。

自分の家のフローリングとピッタリ同じ色や合う色が見つかると大変オシャレになりますが、

失敗してしまうとフローリングの個性も、ジョイントマット個性も損なってしまいます。

そう考えると、いっそのこと白の木目調を選び、部屋のポイントのように使う方が良いかと思います。

コルクマットをホームセンターで買うメリット・デメリット

「白の木目調」は様々なインテリアスタイルになじみやすい

さらに白の木目調ということが様々なインテリアスタイルの中で大変生かされます。

例えば、昔の工場のような無骨で大きな照明や、アイアンを使った家具、ヴィンテージ感のある古材などで演出するインダストリアルスタイルや、直線的でシンプルなデザインの家具に、カラフルなテキスタイルのカーテンなどを合わす北欧風のスタイルの部屋が人気で定番になっています。

他にもサーフ系のインテリアの西海岸スタイルや、観葉植物などナチュラルな雰囲気をふんだんに取り入れたボタニカルスタイルなどオシャレなスタイルがたくさんあります。

これらの流行りのスタイルに共通するポイントがあります。

それが、「頑張らないナチュラルさ」です。

白の木目調のジョイントマットは、白であることとさらに木目調であることでまさにそれを演出でき、それぞれのスタイルの中で生きるのです。

和室を可愛くするにはまず床の模様替えを!プチプラで激変!

白の木目調ジョイントマットを使う時の注意点

どんな部屋でもオシャレに使いやすい白の木目調のジョイントマットですが、やはり白ゆえの注意点があります。

それは「傷や汚れが目立ちやすい」ということです。

つまり白に映える色のものが何でも目立ってしまうのです。

これはフローリングでもよく言われることです。

例えば白いホコリなどは目立ちにくいです。

反対に黒い髪の毛は目立ちます。

また、小さい子供がいる場合は特に、お菓子をこぼしたり、クレヨンを踏んずけたりと、白の木目調だと特に汚れが目立つ可能性があります。

これらが白の木目調のジョイントマットで心配な注意点ですが、これらに対して対応することもできなくもありません。

傷は木目調なのでごまかせなくもない

傷に関してはどうしても傷の影ができたり、傷に色が付いていたりすると目立ってしまいます。

しかし、その点木目調ということでそもそも薄く木目柄が入っており、何も柄がないものに比べると目立ちにくくなっています。

汚れがひどくなったら取り換え可能なのがジョイントマットのメリット

多少汚れてもこのジョイントマットはEVA素材なので簡単にふき取れたりもしますが、長く使うとなかなか取れない汚れも出てくるでしょう。

それでもやはり汚れが目立つような場合はその部分だけを捨てて、新しいマットをジョイントすることができます。

これがジョイントマットの大きな強みでもあります。

さいごに

白の木目調のジョイントマットはオシャレな部屋を保つのに大変向くことがわかっていただけたと思いますが、やはり白いがゆえの注意点も見逃せません。

しかし、例えば、同じ色でも今回のようなEVA素材ではなくカーペットやラグなどと比較して検討している場合、汚れなどに対しては断然ジョイントマットの方が使い勝手が良いかと思います。

特に、小さい子供がいらっしゃる家庭では衛生面などを考え、あえて、汚れが目につきやすい白を選択するという考え方もあります。

汚れがひどくなればその部分だけ処分できます。

子供に対する安全性も得られ、部屋を清潔にさらにオシャレに保てるという風に考えると、白の木目調のジョイントマットは大変賢い買い物になるのではと思います。

極厚ジョイントマット 2cm 木目調 大判 【やさしいジョイントマット ナチュラル 極厚 12枚入 本体 ラージサイズ(60cm×60cm) ホワイトウッド(白 木目調)】床暖房対応 赤ちゃんマット【卸直送品】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする